破産で借金にあたってその保証人を立てているときには事前にきちんと話をしておくべきでしょう。もう一度、強調しておきますが、保証人となる人物が存在する場合は、自己破産手続き前によくよく考える必要があります。というのは今あなたが破産申告をして免責がおりると、その保証人があなたの義務をいっさいがっさい支払うことになるからです。なので、自己破産前に保証人となる人に、それらの経緯や現状について説明し謝罪の一つも述べなくてはなりません。これらは保証人の立場からすると当たり前のことです。負債者のあなたが破産宣告するために、いきなり膨大な債務が生じてしまうことになるのですから。そうすると、それ以降の保証する立場の人の選べる手順は次に示す4つです。一つめは、保証人が「いっさいを返す」ことです。あなたの保証人がすぐに何百万円ものお金を簡単に返すことができるというような貯金をたくわえているならば、この手段を取ることが選択できます。ただむしろ、あなたは自己破産せず保証人となる人に立て替えてもらって今後はその保証人に月々の返済していくという選択肢もあるかと思われます。保証人がもし債務者と関係が良いのなら少しは期日を長くしてもらうことも可能かもしれません。まとめて完済できなくても、貸金業者も話し合えば分割での返済に応じることもあります。あなたの保証人に債務整理をされてしまうと、貸したお金がなにも手に入らないことになるからです。保証してくれる人がそれらの借金を全部まかなう経済力がなければ、債務者と同様に何らかの方法での借金を整理することを選択しなけばなりません。続く選択肢は「任意整理をする」処理です。この手順では貸した側と相談することにより、だいたい5年ほどの時間で弁済していく方法になっています。この問題で弁護士にお願いする際の費用の相場は債権者1社につきおよそ4万円。合計7社からの借金があるとしたら28万円いります。確かに相手方との話し合いを自分でチャレンジすることも不可能ではないかもしれませんが法的な知識のない素人の場合債権者側が自分に有利な提案を出してくるので慎重である必要があります。それと、任意整理してもらう場合も保証人となる人に債務を立て替えさせることを意味するわけですから、あなた自身は少しずつでもその保証人に返済していく義務があるでしょう。さらに3つめは保証人である人も破産した人とともに「破産申告する」という選択肢です。保証人となる人も返せなくなった人と同じく破産宣告すれば保証人の義務も返さなくて良いことになります。ただし、保証人がもし戸建て住宅などを登記している場合は財産を失いますし資格制限がある職務にあるならば影響を受けてしまいます。そういった場合、個人再生を活用できます。一番最後に4つめの方法は「個人再生をする」ようにします。住宅等の不動産を手元に残しつつ整理を行う場合や自己破産手続きでは資格制限に触れる仕事についている方に利用できるのが個人再生による整理です。これなら、自分の住宅は処分が求められませんし、破産申し立てのような職種制限資格制限が一切かかりません。